馬具から競馬予想する

馬の状態をパドックから読み取ることは素人にはなかなか難しい所です。せいぜい分かるのは数字で表わされる前レースとの馬体重差ぐらいなものです。 歩く様子、毛並みやツヤなどレース当日の大事な馬の状態を見抜けなければ予想も大きく出遅れます。馬具に注目すれば関係者の思いなどが見えてきます。

それは馬具は飾りではなくそれぞれ意味があり、理由があって装着しています。つまり隠されたメッセージが満載なのです。当日予想する場合は是非、注目したい所です。

「メンコ」から競馬予想する

メンコ気性難、敏感な性格の馬に装着される馬具です。耳まで覆いかぶさり、音を遮る役割が大きい。パドックのみ装着する馬もいます。ただし、メンコは装飾品として利用されることもあるのでその理由を知っておく必要があります。

「ブリンカー」から競馬予想する

ブリンカーはメンコの目穴部分に合成ゴム、プラスチック製のカップを取り付けたものです。周囲(特に後方)部分の視界を遮りレースに集中させるために装着されます。ブリンカーを装着した馬は他馬を怖がったり、よそ見が多い馬ですが装着することによりいきなり好成績を残すことも多いです。初装着のレースは要注意です。

「シャドーロール」から競馬予想する

シャドーロールノーズバンドに羊毛製のロールを取り付けたもので馬の下方視界を奪う目的の馬具です。自分の脚の動きや影などに驚く馬に装着されます。視界を遮ることにより恐怖心を取り除く効果があります。

「ハミ」から競馬予想する

ハミは馬の前歯、奥歯の間にかませる棒状の金具。ハミの両端に手綱を取り付けて騎手の指示を馬に伝えています。ここから特に予想することはありません。

「ハミ吊り」から競馬予想する

ハミ吊りはハミの位置を正しく保つために利用されます。ハミを上あごに引き上げることができます。これはハミを超えて舌を出すことを防ぎます。舌が超えてしまう馬は頭の位置が高くなったり集中力を欠いたりしてしまうためです。

「頬当て」から競馬予想する

頬当てはハミが口の中ですべり左右にズレるのを防ぐために使用されます。通常は両端につけられるが、剛毛を植え込んだり硬いゴムの突起をつけることもある。こういったものを装着された場合はまっすぐ走ることができない馬の矯正目的で装着される。

「ガムチェーン」から競馬予想する

ガムチェーン気性が荒い馬、精神的に弱い馬、イレ込みやすい馬に歯茎に鎖を引っ掛け装着される馬具で暴れたりした場合、鎖が食い込みおとなしくなります。パドックでは気性がわかる馬具のひとつなので要チェックです。

「ノーズバンド」から競馬予想する

ノーズバンド口を開けて走る癖のある馬に装着する馬具です。ノーズバンドで口を縛ることにより、ハミがズレルこと防げる上、舌を超すことも防ぎます。気性面に問題がある場合も多いです。

「マルタンガール」から競馬予想する

マルタンガールは馬の頭が上がり過ぎないように固定する馬具です。鞍を固定させるベルトに固定させてもう一端を手綱、ノーズバンドなどにつなげることにより固定することができます。つける場所によっても強制力が変わるため、どこに繋げられているかもポイントです。

「バンデージ」から競馬予想する

バンデージ馬の脚を保護するためにまかれる布で包帯のように巻かれます。外傷予防、靭帯、腱、関節の保護のために使用される他、腱炎、ねんざ、骨折などの発生予防目的で装着されることもあります。脚の保温効果も期待して利用されることもあり様々な目的で使用されています。単に保護目的なのか足が弱い馬なのかを見極める必要があります。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)