競馬で勝てない理由

なぜ、競馬で勝つことができないのだろう?競馬で負けている人は必ず思うことだと思います。当然、勝つ人より負ける人のほうが大多数になるわけで理由は明確です。

しかし、競馬で確実に勝っている人がいる中、なぜ、自分はその中に入ることができないのだろうか?という理由はなかなか難しいことだと思います。管理人も数年前まではなかなか的中させることもできず、大敗を喫していました。そして、そんな中でも確実に勝っている人がいることも知っていました。

そこで様々な意見を取り入れたいと考えるようになりました。私の購入方法では勝てない事はすでに結果が物語っていましたので何かを変えなければ変わらないことだけは確かだったのです。

競馬で勝てる理由が分からない限り、勝っている人の中に入れない理由を探すことは無理な話です。2年ほど前から回収率がプラスに転じた今でも勝てる理由を明確に答えることができません。(大儲けしている訳ではないので偉そうなことは言えませんが・・・)

ただ一つ言えることは、勝っている人と同じ馬券を購入していないことは確かです。まわりに勝っている人がいるなら、迷いなく、同じ馬券を同じ割合で購入していけば勝てるかもしれません。

勝っている人は何かをつかんでいる可能性があります。競馬で勝てる法則を・・・。しかし、必ずしも周りで勝っている人がいるかと言えばそうとは限りませんし、勝っている人がいたとしても教えてくれるとも限りません。

そんなときの最終手段として競馬ノウハウを活用するのも悪くないと思います。幸い手の届かないような金額ではありませんし、今のまま負け続けるぐらいなら試す価値はあると考えます。

勝っている人と同じ投資法をすることが一番簡単な競馬で勝てる方法です。それでダメなら競馬から一時身を離れることも考える必要があります。

負けるまで競馬をしていませんか?

競馬のみならず、ギャンブル全般に付きまとうのが「あそこでやめておけばよかった」だと思います。勝っていても負けていても同じことを思う機会は少なくないと思います。

勝っている段階では欲がでてしまい、回収した資金を追加購入にあて、損失するケース、負けているから損を取り戻すために、無理に追加購入して損失するケース様々です。

もちろん、追加購入することにより、損失を取り戻したり、さらに増やしたりと成功することもあると思います。しかし、そのやり方を続けていては損失が大きくなりすぎるリスクが常にまとわりつくことになります。

今までの損を取り戻すためといっても、今まで損をしてきたのですから、最終レースで取り戻す確率はおのずと低いと判断できるはずです。今の知識、今の経験、今の運で損失を重ねてきたのです。最後に取り戻すためにはこれらの何かを変化させない限りは、今まで通り、最後も馬券をはずして損失が大きくなるのは当然の流れです。

しかし、これは勝っている人も理由こそ違えど同じことが言えると思います。せっかく勝っているのに、欲をだして追加購入をしてしまい、最後に外してマイナス、またはプラスマイナス0になってしまった経験がある人も少なくないのではないでしょうか?

馬券を買うからには欲は必要なのかも知れませんが、欲を出し過ぎるということは負けるまで馬券を購入するということになります。勝っていても負けていても冷静な判断で馬券購入する必要があります。

心の余裕は余剰資金

ギャンブルをするからには絶対に冷静な判断が求められます。すなわち心の余裕です。その心の余裕は余剰資金がそうさせてくれます。

生活費を費やして馬券購入するといった分かりやすいものだけでなく、当日の帰りの電車賃などの交通費から、食事代などまで費やしてしまうのもすでに心に余裕がない証拠です。

生活費まで手を出してしまうことは良くないことはすでに承知しているのに、その日の分はすべて馬券購入に当ててしまう人は少なくないと思います。帰りに食事でもしようとしていたが、負けていたので、その分も購入資金に当てて、取り戻そうということをしたことはないでしょうか?

上記の生活費を使うことは人生までも競馬でギャンブルしていることになります。細かい意味でも当日分の予定を狂わせることは人生の一部です。心の余裕がなければ予想も違ってくると思いますし、投資金額も変わってくるかもしれません

馬券は100円から購入できるのです。余剰資金内で競馬を楽しむことは十分可能です。競馬予想は常に、儲かった時、儲からなかったときのことを常に考えながら注ぎ込む金額を考えなければなりません。

負けてもそんなに痛くない競馬予想はその方法しかありません。競馬は楽しむものだと管理人は考えています。人生まで競馬でギャンブルをしてしまうようなことは無いようにしたいものです

できるだけギャンブル性を排除する

競馬はギャンブル以外なにものでもありません。しかし、そんなギャンブルでも、できるだけギャンブル性を排除するように心がける必要があるのです。

ギャンブルと投資の違いを管理人は人生をかけているかどうかの違いだと考えています。人生を左右されるような金額の出資を避け、冷静に馬券予想、出資金額の検討をするように心がけています。

ギャンブルだけに落ちるときは底なしに落ちることもできてしまいます。しっかりとラインを引かなければ自分の余力を大きく上回る損失を抱えかねません。

そこで管理人はできるだけギャンブル性を排除すべく、馬券を一番最初に買う前に、一日の投資金額を決めることにしています。勝っても、負けてもその後のレースに投資する金額は最初に決めた金額で購入しています。

それは、勝ったから、その儲けた金額でもっと注ぎ込むようなことや、当てても一日の元が取れないからと言って、予想を変えたり、金額を増やしたりなどしないということです。

一日に使う金額は最初から財布に入っていて、当たった当選金額は一切、手をつけないやり方です。これをすることにより、あらかじめ予想する前の冷静な割り振りを守ることができます。

そうすることにより、管理人の定義でもあるギャンブルから投資に近い感覚で競馬をすることができます。ただし、これはあくまでもギャンブル性を排除する方法です。逆に言えばさらなる儲けを失う可能性も無きにしもあらずの方法です。

しかし、底なしのギャンブルだけに、ある程度決め毎を考えるのは大事なことだと思います。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)